読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

営業的顔合わせの無駄

営業という仕事は、尊敬もしているが、なめてもいる。

むだが多いと感じている。


わざわざ5人なんて大人数で顔合わせにだけ出かける。

行き帰りの移動時間を入れたら5人分の2Hが消費されている。


勿体なすぎる。


こういうのを逆にりようしてさぼったりできるから。

営業マンっていうのはストレスもあるかもしれないが、
サボる特権のある職業だと思っている。


いいんだが、定時に帰るとしたら、それでいいのかな。


その点、技術職だとやることやってれば定時に帰ったっていいわけだし。
もちろん運用している人はそうもいかないかもしれないが。

すると自分の仕事をどこまで能率化できるかという点においては、技術職の方が伸びしろがある。


この考えのまま営業職に転職したとして、バリバリやって、さっさと帰れるものだろうか。
一度ためしてみたい。

営業というのは職種を問わず、人間のスキルとして身に着くことなので、営業力はあって損なしだから。